読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

啓蟄。蟄虫啓戸。上弦の月。

午前中、暖かかったようですね。

午後はだんだん曇ってきて、肌寒く感じました。

 

二十四節気で「啓蟄」。

七十二候では、「蟄虫戸を啓く(すごもりのむしとをひらく)」。

お月さまは上弦の月

 

最近、食事の在り方を見直しています。

料理の仕方の試行錯誤。

尾崎友吏子さんの『3人子持ち働く母の「追われない家事」』を読んで、改めて気合が入りました。

ちょうど食事内容を見直していたところだったので、台所仕事のところはとっても参考になりました。

早速真似したレシピもあり。

 

尾崎さんが述べられていた、食事の「ハレとケ」という考え方。

土井善晴さんも「一汁一菜でよい」と提唱されているようですね。

もともとうちは大した献立ではないのですが、ケは安全で栄養がとれれば簡単なものでいいかと思うだけで、気が楽になります。

 

家事は奥が深い。

家事は毎日のことだから、試行錯誤のやりがいがあり、経験をどんどん積み重ねることができる。

シンプルに、無理しすぎず、安心安全に。

明日は月曜。

月曜日の午前中はたいてい作り置きの時間に充てています。

明日もその予定。

 

 

 

尾崎さんのブログや前作『3人子持ち 働く母の モノを減らして家事や家計をラクにする方法』も大変ためになります。

 

尾崎さんのご著書は、尾崎さんが長年働く主婦として、女性として、試行錯誤しながら培ってこられた知恵と工夫とアイデアがわかりやすく豊富に盛り込まれています。

ブログやご著書を通して、しなやかで柔らかく潔い印象の尾崎さん。

とても素敵で、お手本とさせて頂いています!